トップページ > お風呂の正しい入り方

お風呂 入り方 アトピー

お風呂の正しい入り方

アトピーの方は身体を清潔に保つために、ゴシゴシと力いっぱい洗ってしまいがちです。 しかし、入浴の際には弱った肌を傷つけないように正しく入浴することが大切です。 またシャワーだけで済ましてしまわずに、しっかりと湯船に浸かって新陳代謝を高めることがアトピー改善に繋がります。

以下、「お風呂の正しい入り方」について確認してきましょう。

1.かけ湯をしてから入浴
アトピーの方は、お湯が清潔な一番風呂がおすすめ。お湯の温度設定は、冬は40℃、夏は38~9℃ぐらいに設定します。 温度が高いと、皮膚温が高くなることで痒みの原因となります。最初はぬるめのお風呂に3~5分程度浸かるのが理想的です。

2.髪を洗う
シャンプー、リンスは必ず天然成分のものを用意します。頭皮を刺激しないように、指の腹で優しく洗っていきます。 リンスを使用する時は、直接髪に付けずに一旦洗面器等で薄めてから少量を使いましょう。
湿疹が強い時には、シャンプーは止めて洗顔用の固形石鹸をよく泡立てて洗います。洗髪の際には、デリケートな顔の皮膚に かからない配慮が必要です。

3.身体を洗う
必ず髪の後に身体を洗いましょう。身体を洗う際には、肌に優しいガーゼ・綿タオルを使用し、しっかり泡を立ててから 優しく撫でるように洗います。ポリエステルなどの化学繊維の入ったスポンジは皮膚を刺激するので使用を控えてください。 首、脇の下、膝の後ろ、股などは石鹸成分が残りやすいので、丁寧に洗い流すことが大切です。

4.顔を洗う
最後に石鹸で洗顔します。石鹸は香料・保存料を含まない固形石鹸がおすすめです。

5.湯船に浸かる
ゆっくりと10~20分は湯船に浸かります。身体の芯からじっくり温めることが重要で、汗をかいて皮膚の新陳代謝を上げましょう。 湯船から上がる際には、シャワー、上がり湯を浴びましょう。

6.体を拭く
柔らかい清潔なタオルで水分をゆっくりと拭きます。バスタオルは柔軟剤を使用せずに洗ったものを使用しましょう。

ページ先頭へ戻る